港の腹話術師 けん坊のブログ

はじめまして!けん坊と申します。腹話術の楽しみ方を紹介すると共に、練習動画もたまに載せています。

腹話術師としての2017年の目標

はじめに

年越しってもっと特別な瞬間だった。お蕎麦を食べて、テレビをみて、コタツに入って、ワクワクしながら、新しい年を迎えた。何が始まるんだろう?未来が光輝いていた。ところがアラサーになると、年越しが普通の日とさほど変わらない。特別な日と思っていない自分がいる。悲しいかな。多分、何年経っても変わらない自分を知っているからだろう。もっと新しい年を、変化の年、忘れられない年にしようという気概を持ちたい。というわけで、今年の腹話術師としての目標をここに書く。

 

具体的目標(上にいくほど優先度高し)

名刺を作成する

毎月腹話術の学び会に参加する(第二土曜日)。

公演アピール文書を作る。

返信用はがきを作る

5分台本作る  ×2(幼稚園用、介護施設)

幼稚園、介護施設でうけるマジック×10

10箇所の幼稚園、10箇所の介護施設に公演させてもらうために、アピールしにいく。

幼稚園で公演する。

介護施設で公演する。

腹話術用人形台を手に入れる(あるいは作る・・・)。

f:id:kenjimodoki:20170104075422p:plain

腹話術教室を開講するために、教科書を作成する。

腹話術教室を開講するために、宣伝チラシを作成する。

腹話術教室で使用する靴下腹話術人形作る。

実際に腹話術教室を始める。

目が動く腹話術人形を手に入れる。

 

達成するために

色々なことをやめることだ。余計なことをやめることによって、新しいことができるようになってくる。ある研究者が一日一万円以上のを出して、アルバイトを雇った。仕事内容は、「何もない一つの部屋に閉じ込められ、一日中何もしない」という内容だった。しかしこのアルバイトを3日続けてできた人は、一人もいなかったという。つまり「人は何かをせずにはいらない」ということである。私は、その何かをせずにはいられない思いを全く無駄なものに使ってきた。無駄なことはやめて、本当に自分がやらなければならないことに、時間を使う。それが今年の目標である。

 

 

 

 

 

 

落語家から学ぶ本当の面白さ

落語にはまりそうです。

どうも生まれてこのかた26年間一度も落語にひかれることはなかったけん坊です。しかし最近林家小三治さんの出ているプロフェッショナル仕事の流儀を見ました。心打たれました。ぜひ皆さんも見て下さい。

 

www.youtube.com

 

けん坊の感動ポイント①

感動ポイント一つ目は、小三治さんの一言です。

「セリフをしゃべるのではなく、瞬間瞬間その人の気持ちになる。気持ちからセリフがでてくる。セリフから気持ちが出て来るのではない」

落語家の方は、一つの公演の中で、何人もの人を演じ分けます。小三治さんは、登場人物が切り替わる度に、その切り替わった人の気持ちになるのだそうです。気持ちののったセリフだから、多くの人の心に届くのでしょう。

腹話術師は人形と自分で交互に話していくわけですが、私は人形のセリフを話している時、「はたして人形の気持ちになって、セリフを話しているのか」と考えます。できてないですね。自分に足りない部分だなあと思います。

小三治さんは毎回公演開始ギリギリに演目を決めているにも関わらず、一人一人の登場人物に感情移入します。ひょえー。ここが一つ目の感動ポイントでした。

 

けんぼう感動ポイント②

二つ目の感動ポイントも小三治さんの言葉です。「落語を面白くしようとするなら、面白くしようとしないこと」。この言葉が胸に響きました。僕は腹話術をする時、「笑わせてやるぞー」とかなり力みます。そして人形のボケ一つ一つに全力でツッコムのです。でもその必死さが「頼む!笑ってくれー」っていう叫びになっていたと気付きました。恥ずいですね。

動画中盤で小三治さんが一つの小噺を一つします。

「これだけ無精者が集まったんだから、無精会というものを作りましょう」「よしなよ。めんどくさい」

この文面だけだとあまり面白くないのですが、小三治さんが言うと、ちゃんと面白いのです。小三治さんはこの小噺が好きだそうです。理由は笑いを強要していないから。

僕も笑いを強要しない笑い目指して腹話術をしていきたいです。今日もお読みいただきありがとうこざいました。

子供に「静かにしなさい!」と頭ごなしに言わない台本

「静かにしなさい!」

よく電車の中などで、親が子供に向かって、「静かにしなさい!」と注意する光景をみます。

しかし、その注意は勢いだけの注意になりがちです。子供に対しての「なぜ静かにするのか?」という明確な説明がないことが多いように思います。

「そんないちいち説明なんてしてられるかいッ!!」はい、すみません。ごもっともです。そんなこといちいち説明はしてられないけれど、でも大切なこと。それを人形と一緒に子供達へ伝えることができればいいなと思っています。

静かにすることで手に入れられるものってとても多い。

例えば映画を見ている時、静かにできれば、その物語から生きる希望や、人生の教訓が得られるかもしれません。

友達の話を静かに聞ければ、その友達は自分にとって、大切な友達かそうでないか、知ることができるかもしれません。

子供が「静かにする」ことの大切を知ることができれば、その後の人生がとても豊かになるのではないかと思うのです。

どうやって静まることの大切さを教えるか?

子供達に「静まることの大切さ」を教えることができる腹話術台本を考えていると、一つの童謡を思いつきました。「めだかの学校」です。

めだかの学校は 川のなか
そっとのぞいて みてごらん
そっとのぞいて みてごらん
みんなで おゆうぎ しているよ

 歌詞の中で、川をのぞいた人は、「そーと静かに」川の中をのぞいたことによって、めだかがおゆうぎしている珍しい光景を見ることができました。この歌は「静まる=とても素晴らしいこと」であることを教えているように思います。

お子さん持ちのお母さんには、この歌が、子供に静まる大切さを教えるきっかけとなるかもしれませんね。

私は「この歌を基盤にした腹話術できないかな~」「おもしろ、おかしく静まる大切さを教えれたら素敵だろうな~」と思っている今日この頃です。近日中になんとか作成して、このブログに動画を載せたいと思います。

以上、台本構想中のけん坊でした。 

人形の一言

 

f:id:kenjimodoki:20161215204956p:plain

 

 

読んでいただきありがとうございました。よかったら、読者登録をして、続けて応援してください。

足利フラワーパークと佐野らーめん

f:id:kenjimodoki:20161214222409p:image

こんにちは。グリーンだぞ。みんな元気か。

今日はけん坊とその妻は遊びにいったぞ。

だから腹話術はお休みだ。

 

足利フラワーパーク

f:id:kenjimodoki:20161214223737j:image

f:id:kenjimodoki:20161214223803j:image

f:id:kenjimodoki:20161214223835j:image

 

佐野ラーメン(大和)

f:id:kenjimodoki:20161214223935j:image

 

それではまた明日。お休みなさい💤

腹話術人形のあの高い声の出し方

あの腹話術人形の高い声・・・どうやって出すの?

こんにちは!けんぼうです。

腹話術の人形の声は高い声、低い声、色んなのがありますね。

例えばいっこくどうさんの「師匠」という人形です。

下の動画をご覧ください。(少しテーマの重い動画ですが・・・)

www.youtube.com

この師匠の声は低いです。しかし、

www.youtube.com

このカンちゃんの声は高いですね。一般的に腹話術師は高い声、カンちゃんの声をまず練習します。なぜなら、高い声の方が地声との高低差があり、聴衆が「(腹話術師ではなく)人形が話してる!」と錯覚しやすいからなのです。低い声は上級者向けです。今日は人形の高い声の出し方についてお教えします!

 

頭音とは

腹話術師が人形の声として最初に覚える高い声、これを頭音といいます。頭音は「自分の声を自分の頭に響かせて出す音」です。普段私達が出している声が、頭に響くことはないのですが、腹話術人形の声は、声を出している本人の頭に響くような声なのです。

 

自分にあった頭音の音程を見つける方法

a.腹筋を使って出す息を音にする。ハッ!ハッ!ハッ!

b.音程を少しずつ上げてみましょう。

c.頭に響く高さまでいったら「アー」と発声してみましょう。これが頭音です。

d.自分の普段の声を低めに出して、その後頭声を出してみます。

ちょっと恥ずいですが・・・頭音の見つけ方を動画にしてみました。

youtu.be

 恥ずかしいので、自分の顔写しませんでした。

これ顔写しながらやったら、完全に変質者なんです。笑

是非皆さんも人がいない場所で、自分の人形の声(頭音)を見つけてみて下さい。

 

自分にあった頭音の音程を見つける方法(簡単ver)

花丘奈果さんという「関西のいっこくどう」と言われている人は、頭音の見つけ方についてもっと簡単に、こう解説します。

人形の声は普段の声(地声)よりも高い声を出します。まず自分の声で「アー」と言ってみます。次に自分で出せる、最高に高い声、最大に大きい声、最長に長い声で、「ア――――」と言ってみます。これが自分の人形の声です。ジェットコースターに乗ったときに出る「ワァ――――ッ」という声や、お化け屋敷に入ったときに出る「キャーーーーッ」という叫び声は自然に出ている人形の声です。『腹話術入門』より

これは分かりやすいですね。

 

頭声で発声練習

上記の方法で頭音を見つけたら、その頭音で「アー、イー、ウ―、エー、オー」と発声練習をしてみましょう。発声練習する時は、「上腹部を使った腹式呼吸」で発声するようにします。これについては下の記事で解説しています。

kenjimodoki.hatenablog.com

上腹部を使った腹式呼吸は、腹話術師が喉を傷めないために非常に重要なので、完璧にはできなくても、必ずこれを意識しながら、頭音の練習をしてみて下さいね。

 

 

 

今日もブログを見ていただきありがとうございました。

毎日更新で頑張っています。読者になっていただければ嬉しいです。

今日の腹話術公演の反省

こんにちは。けんぼうです。茨城は今日もいい天気でした。

茨城県小美玉の教会にて

今日は茨城県小美玉市にある教会にて、腹話術公演をしました。茨城空港の近くですね。茨城空港はよく利用するので、教会までは迷うことなく到着しました。教会に着くと、教会員と牧師先生がお出迎え。皆さん張り切ってクリスマス会の準備をしていました。

 

f:id:kenjimodoki:20161210180300j:plain

 

そんな中牧師の奥さんがポツリ「今日ね~子供がこないのかもしれないのよ~来なかったらごめんなさいね」なんでも地域の公民館でも一週間前に子供クリスマス会が行われた後だと言います。さらに少子高齢化に伴い、地域の子供達の絶対数が少ないそうです。そんな中でも熱心に入念に準備されている方々には感服しました。信仰者って感じです。

 

なかなかこない子供達・・・

しかしなかなか子供は来ません。これはクリスマス会開始15分前の映像。教会員のおじさんがオカリナを吹いて子供を待ちます。

youtu.be

なんかちょっとシュールな映像ですね(←失礼)。私がオカリナの音色を横目に腹話術公演の準備をしていますと、オカリナにつられて(?)か、子供達が7人やってきました。あーよかった。

 

公演の反省

クリスマス会スタート!クリスマスの歌を歌って、ゲームをしてから、腹話術公演!無事に終わりました。今回の反省点を2点挙げます。

 

①ご飯食べ過ぎた。

 もう何やってんだって感じです。腹話術はお腹一杯の状態ではできません。なぜ食べ過ぎたかと申しますと、おそらく「若いから」という理由で皿にもりもりカレーが盛られていたのです。さすがに残すと失礼だなと思い、全部食べたのですが、少し公演に影響してしまいました。今度からは事前に、「公演前はあまり食べることができません」と食事を作る方にお伝えしようと思います。

 

②公演の出だしが良くなかった。

 人形のボケを多くしました。しかし人形と子供達との距離間をもっと縮めてから、ボケた方が笑いが生まれたように思います。公演出だしに、子供の観客一人と、人形で話してもらったり、もっと人形と観客が仲良くなる工夫が必要でした。

 テレビのめちゃくちゃ面白い芸人さんよりも、友人の面白い子の方が面白く感じるのは、友人の方が仲良く、性格を熟知しているからですよね。うーん。これも反省点です。

 

今日の経験を生かして、また頑張っていこうと思います。あー楽しかった!

今日もブログを見ていただいてありがとうこざいました。このブログの内容は

・腹話術師けん坊の成長を書く

・分かりやすく腹話術レッスンを解説する

・腹話術練習動画を載せる

・腹話術4コマで失笑を誘う

などなどです。基本毎日投稿しておりますので、また遊びに来てください。それでは!

 

←励みになります。良かったら購読お願いします。

腹話術師としての名刺(センスが欲しいーー!)

そろそろ自分を売り込みます!

f:id:kenjimodoki:20161123070103p:plain

こんにちは無名の腹話術師けんぼうです。

 

普段の仕事は牧師です。70年前からある港町の教会で働いています。

 

そんな職業柄。腹話術公演の依頼も教会から来ることが多いです。明日も茨城県の田舎にある教会にて、クリスマス会で腹話術を披露します。

 

しかし将来は色々な場所で公演したいという野望をもっています。福祉施設・幼稚園など色々・・・。

 

しかし、まあ無名の牧師なんて、一般の人達から見れば、胡散臭くて仕方ないでしょう。オウム真理教以来、伝統的なキリスト教であっても、冷ややかな目で見られることもあるのです。ですから知り合いでもない牧師に自ら進んで「腹話術を頼みたい!」とは思わないんですね。

 

そんな私が福祉施設・幼稚園などなどで公演するには、自らを売り込みにいく必要があります!

 

売り込みに必要なものリスト!

 

①まず人形です。「腹話術を本格的にやってるんだよ!」ということを見せるために、売り込みにも人形を持っていきます。そしてできれば、5分くらいの短い演目を関係者の前で披露できる準備をしていきます。介護施設なら唱歌「ふるさと」にちなんだ演目、幼稚園なら童話「はだかの王様」にちなんだ演目です。

 

②続いてチラシです。公演を依頼するためのメールアドレスが書かれていたり、私自身をPRする内容が書かれています。

 

③あともう一つ。「名刺」です。名刺ってすごく重要ですよね。センスの良い名刺を渡されると、渡した人もセンスある人に思われるじゃないですか。そしてやっぱりセンスのある人に腹話術公演を頼みたいものです。自分なりに名刺を作ってみました。それがこちら。

 

 

 

f:id:kenjimodoki:20161209083133p:plain

 

 

これを仕事の名刺の裏に印刷・・・ってだせー。センスねー。(笑)

「やっぱり名刺にロゴとか入っていると良いのかな?」っと思ってロゴも作成。

 

 

 

f:id:kenjimodoki:20161209082600p:plain

 

 

うーーん。これも微妙。そして上の名刺にどうやってもあわない。センスがない。このままだと「牧師してんだったら、まずセンスを神様に求めたらどうだぁ」と冷やかされます(誰に?)。

 

まあでも完璧を求めていたら、いつまで経っても完成しないので、とりあえずこんな感じで名刺を作って、売り込みに行きます!!っしゃいくぞーーー。

 

 

今日もブログを見ていただいてありがとうこざいました。このブログの内容は

・腹話術師けん坊の成長を書く

・分かりやすく腹話術レッスンを解説する

・腹話術練習動画を載せる

・腹話術4コマで失笑を誘う

などなどです。基本毎日投稿しておりますので、また遊びに来てください。それでは!

 

←励みになります。良かったら購読お願いします。